第2章 音名

3.異名同音 (enharmonic)

この異名同音につては、前回の勉強でファールしました。 (笑)

あとさきになりましたが、ここで詳しくまとめます。

異なった音名を持ち、譜面上は異なる記入され方をしますが、平均律では同じ高さの音になるものを『異名同音』といいます。

譜例3

説明がしやすいですからドイツ音名で説明します。

以後、特に表記がなければドイツ音名で統一します。

D から半音上がってDis。〜Dis からまた半音上がってDisis。

つまりDisisは、別の言い方をすると E の音と同じです。


同様に F を半音下げて Fes

つまり Fes の異名同音も、E になります。


ピアノロール画面

以上のことをシーケンサで確認してみました。

私の愛用しているシーケンサは、ソナーです。

そのピアノロール画面を開けばすぐに確認できます。

明らかに3音とも「E」の音ですね。


オクターブ位置の書き表し方

ある音をオクターブ単位で上下に移動させても、同じ音名が使われます。

これでは、音として表すならば、まだしも書くときにたいへん不便です。

それぞれが、どのオクターブに属するかについて、次のような表記方法を用います。

まず、基準を決めましょう。

ピアノで言うと低い方は「ラシ」2つの音があります。

これを省いて「ド〜シ」を「低い低いオクターブ」と呼ぶことにします。

次の「ド〜シ」は「低いオクターブ」ですね。

そして次の「ド〜シ」が基準のオクターブです。

ちょうどヘ音記号にすっぽりはまる「ド〜シ」ですね。


ドイツ式の表記方法から説明します。

基準の「ド〜シ」は小文字の「c〜h」で表します。

低い方に向かうと大文字表記、そして下付の数字表記になっていきます。

「低いオクターブ」は「C〜H」です。

「低い低いオクターブ」は「C1〜H1」です

高い方に向かうと上付の数字表記になっていきます。

「高いオクターブ」は「c1〜h1」です。

「高い高いオクターブ」は「c2〜h2」です

以下同様なので省略します。


次は日本式の表記方法です。

基準の「ド〜シ」は小文字の「ハ〜ロ」で表します。

低い方に向かうとひらがな表記、そして下付の点の個数であらわしていきます。

「低いオクターブ」は「は〜ろ」です。

「低い低いオクターブ」は「は〜ろ」です。

(実際には点は真下についています。)

高い方に向かうと上付の点の個数になっていきます。

「高いオクターブ」は「ハ〜ロ」に点が上に1つ付いた形で表します。

「高い高いオクターブ」は「ハ〜ロ」点が上に2つ付いた形で表します。

以下同様なので省略します。


3番目にイタリア式とフランス式の表記方法です。

基準の「ド〜シ」は小文字の「do〜si」(フランス式の場合「ut〜si」)で表します。

なぜかは分かりませんが、イタリア式、フランス式ともに基準のオクターブが1つ低いです

低い方に向かうと下付「−数」の状態で表します。

「低い低いオクターブ」は「do-1〜si-1」( または「ut-1〜si-1」 )です

高い方に向かうと下付符号なしの数字でどのオクターブに属するかを表します。

「高いオクターブ」は「do1〜si1」( または「ut1〜si1」 )です。

「高い高いオクターブ」は「do2〜si2」( または「ut2〜si2」 )です。

以下同様なので省略します。


4番目にイギリス式の表記方法です。

低い方に向かうとアルファベットの個数で どのオクターブに属するかを表します。

「低いオクターブ」は「CC〜BB」 )です

「低い低いオクターブ」は「CCC〜BBB」です

高い方に向かうとダッシュの個数で どのオクターブに属するかを表します。

「高いオクターブ」は「C'〜B'」です。

「高い高いオクターブ」は「C''〜B''」です。

以下同様なので省略します。


最後にアメリカ式の表記方法です。

基準の音は、ピアノの最低音ラシとします。

そこから順に「A0B0

あとは高くなるにつれて「C1B1」→「C2B2」 以下同様なので省略します。


付録:音楽用語辞典へ↑
最初のページへ↑

次へ→
(C) 1996- 龍 midi net All rights reserved